塗料の種類

外壁や屋根の塗装に使われる住宅用塗料は、大きく分ける4種類あります。アクリル樹脂塗料、ウレタン樹脂塗料、シリコン樹脂塗料、フッ素樹脂塗料です。

 

そのほかにも最近では、光触媒塗料、断熱・遮熱塗料、UV塗料などがあります。

 

それぞれの塗料の特徴について見てみましょう。

 

メニュー

アクリル樹脂塗料は、他の塗料に比べて、価格は安いのですが、耐久年数が短いのが欠点です。アクリル樹脂塗料の耐久年数は、およそ5年程度。長くても8年程度です。そのためアクリル樹脂塗料は、屋根のように耐久性が求められる部分の塗装には向きません。また、現在では、アクリル樹脂塗料が外壁塗装の塗り替えに使用されることも、ほとんどありません。例外的に、新築時に外壁の塗り替えを見越して、アクリル樹脂塗料が使用され...

ウレタン樹脂塗料は、性能と価格の両面でバランスが良く、場所を選ばないので、多方面で使用される塗料です。ウレタン樹脂塗料の耐久年数は、5〜7年とされています。ウレタン樹脂塗料は、柔らかい伸びと外壁材への優れた密着性が特徴です。そのため、外壁の曲面や細部の塗装にも適しており、利用頻度が高いのです。また、ウレタン樹脂塗料には、耐候性のほか、ウレタン独特の肉厚感と光沢があります。硬度や耐摩耗性も高く、塗っ...

シリコン樹脂塗料は、ウレタン樹脂塗料よりも優れた耐候性があります。人体に優しく、変色・劣化しにくい特徴もあります。シリコン樹脂塗料は、ひび割れしにくく、高耐久性、耐候性、耐薬品性に優れた塗料で、費用対効果が最も良いことから、現在、外壁塗装で主流の塗料です。シリコン樹脂塗料の耐久年数は、10〜15年とされています。シリコンは、それ自体を単独で塗料としては使えません。アクリル樹脂と反応させ、アクリルシ...

フッ素樹脂塗料は、ウレタン樹脂塗料やシリコン樹脂塗料よりもさらにグレードが高く、非常に耐久性に優れた塗料です。比較的長持ちするとされているシリコン樹脂塗料よりもさらに長い、約15〜20年間の耐久年数があります。ただし、その分、価格は高めです。そのため、一般住宅にフッ素樹脂塗料が使用されるケースは、まだ多くありません。フッ素は、ガラスや白金なども侵食するため、単体ではなく化合物として保存されています...

光触媒塗料で塗装すると、紫外線が塗装の表面についた汚れを分解して浮かせ、雨水が汚れを洗い流してくれます。つまり、太陽の光が当たり、雨が降れば、自然に塗装面がキレイになるのです。特にメンテナンスをしなくても、光触媒塗料を塗るだけで、自然に塗装面の美しさが持続するというわけです。この「セルフクリーニング効果」が、光触媒塗料の大きな特徴です。さらに光触媒塗料には、このセルフクリーニング効果のほかにも、カ...

断熱・遮熱塗料は、太陽の熱を室内に伝えにくくする効果のある塗料です。住宅の塗装には、もともと断熱・遮熱効果があるのですが、断熱・遮熱効果の高い塗料を使うことで、冷暖房費を大幅に節減することができます。そのことがCO2の削減にもつながり、さらに温度変化による建物の伸縮が少なくなり、建物そのものの寿命も伸びます。非常にエコな塗料なのです。こういった断熱効果・遮熱効果の高い塗料を、断熱塗料あるいは遮熱塗...

外壁のUV塗装(UVコーティング塗装)は、紫外線を照射して硬化させるUVハードコート塗料を使用する塗装の方法です。おもに床や浴槽、内壁に用いられてきましたが、近年、外壁塗装でも注目されています。UVコーティング塗装には、優れた性質が多くあります。秒速で乾燥してしまう超速効性、耐久性・対汚染性に優れ、人にも環境にも優しい塗装方法なのです。UVコーティング塗装の主な特徴(メリット)は次のような点です。...